logo

よく聞いていたJ-pop(幼少〜中学頃)

まずまとめたのは中学の頃までだけれど、結局のところ今とあまり変わりなく、ジャンジャカした音が好きな模様です。

幼少

親がよく聞いていたということもあって、今でもすごく印象に残っている。
家にはカセットCDオーディオデッキがあって、父親がそこでよくヘッドフォンをして自分の好きな音楽をかけていたのをかすかながらも覚えている。

小学生

カセットプレーヤーと、CDプレーヤーを手にいれる。
モーニング娘。のブロマイド集めにハマっていて(ごっちん推し)、からのテレビドラマからの影響だったり、たまたまどこかで聴いた音楽を図書館やレンタル屋で借りてテープにダビングしていた。

中学生

MDプレーヤーを手にいれる。ネットにどハマって、若干の不登校気味に。
vodafoneのCMで三浦大知がソロで活動していることを知ったり、浅倉大介の音楽を意識してみたり、運動会のダンスで踊った曲がすきになったり、ネットで出会った友人にm-floを教えてもらって夜な夜なスカイプ繋ぎながら、相手が流していたmixを聴いていたような気がする。
あとは、僕らの音楽でスガシカオの歌っていた「奇跡」に心奪われて、スガシカオにどハマりした挙句、放送委員だったこともあって、地元のFMラジオにゲストで出ることになり、そこで「奇跡」のB面曲「夏影」をかけた。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です